日常・日々雑感

お金全然ねーけど土地欲しいというお話

こんばんは、たぬしです。

世界の在り方があまりに大きくなり過ぎた結果、「選択する」ということ自体が滅茶苦茶難しいことになりつつある昨今、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

僕っすか?
まあ、ぼちぼちっすね!
たぬきの画像や動画みたり、たぬきは普通には飼えねーのかーって嘆いてみたり、毎朝7時半頃に起きるのつれーけど基本毎日やりたいことに満ち溢れてるなーとかそんな感じです。

そんな中、最近のホットトピックスとして、土地に興味を持ち始めた、というのがある。
自分の中の整理という意味で、その理由を何点か挙げておきます。

そもそも気軽に土地買ってるやつの絶対数が少ない

周りに、気軽にプレステ4買うやつはいるんだけど、「最近さー、俺3畳1間買ったんだよね〜」とかいう人は少ない。

ゆえに、どのような手続きが生じているのかとかも全く知らない。
いろいろ調べていて、土地買って放置しておくと、固定資産税と都市計画税がかかるということを知ったレベル。

そんな感じで、土地買っているというのは一般的には稀有な例な気がする。

そりゃ、人生で一回くらいはあるかもしれないけど、基本的にめちゃ買うものではないため、不明な点が多すぎる。

だからこそというわけではないが、漠然と興味がある。

それだけだと土地購入の手続き調べればよくね?って話になるのだけど、実感が湧かないし、自分で手続するわけじゃないから、体感としての大変さとか、本物の実感がわかない。

むしろそういうのすっ飛ばしてさっさと体験したい

 

土地を使って何かして遊びたい

自分の土地持ってたら、何でも法令の許範囲で色々なことが出来る。

お金がある人なら、お店を立てたりしてなんか売ってみたりもできそうだし、駐車場やマンションにしたりして貸すこともできる。

要するに、その人次第で可能性は無限大なわけで、とりあえず、なんかやってみてーなー、何も得るもんねーけど店でも開きてーわとか思ったり、いろいろ考えたりしているのです。

そんなことを言ってると、「マジで世間知らずのやばいやつ!失敗するわ」みたいなことも言われると思う。

しかし、人生は情感の爆発!基本的に、人生は実験だと思ってるから、失敗より兎に角やってみたいという興味が先立ってしまう。電気回路とか物理の実験と同じ。

僕みたいのは、確実に失敗する気がするし、実際これまでも興味のみで色々やってきて失敗してきた。

でも、滅茶苦茶やばい世界みると、その体験が血肉化するし、物凄い実感を伴って迫ってくる。
なので、後々、結構稀有な経験として残っていたりする。

そうすると、世界の見え方が変わってくるから、それが面白い。

結局、もっと世界をみたいという子供みたいな感じに行き着く。

 

出来れば、今の仕事以外の副業も得たい

これに関しては、別に土地である必要は全くないのだけど、現代は、一つの仕事だけしてるーみたいな時代では断じてない。

僕の場合、技術職だからそれはそれで、かなり遊べるし面白いんだけど、一方でお金を得るという点ではあまり優秀ではない。
家で滅茶苦茶良い測定器欲しいわーって思った時とか、即座に買ったりできないし、実験や僕が好きなギター演奏や純文学読書が捗るように家を最適化してーなーと思っても、金がいちいち必要だ。

僕は、数学とか物理やってたり、最近では回路の実験ちまちまやりつつ、ギター弾いたりしてればかなりの間、凄い遊べる人間なので、それだけやってればお金はさほどかからない。

しかして、世界を広げるには、すべからく体験が必要だし、そもそも副業を得るという体験をしてみたい。

副業3つ以上ある状態とか、どうなるのかなーって凄い興味ある。

それは、人間が取り得る状態としての興味がある。

土地を持つことで、副業に直ちに結びつくかは、さておき、持てば人間考え出すと思う。
選択肢にないことを人間は、あまり考えないから、まずは持つという行為を推し進める行動が必要な気がした。

そのうちに目的とか、こうするかーみたいのを立案していくという、やりつつ学ぶスタイル。

研究みたいな感じになったけど、そんな感じで最近は土地に興味を持った話でした!!!