プロフィール

初めまして〜。

理系学問と音楽・文学をこよなく愛し、効率化の時代を逆行し、ひたすら技術追求に突っ走る男、たぬしです。たーぬ。2018年現在、30代前半です。

技術追求っていうけど、具体的にはどんなこと?

まずは、細かい分野はさておき、ざっくりと、追うべき対象を並べてみます。

  • (実験)物理 ← 元々の専門
  • 電気回路技術(アナログ回路とか) ← 2018年から人生で初めて勉強開始
  • プログラミングによる数値計算・AI・ネットワークなどの技術
  • ギターの演奏技術
  • 純文学や本のお話

技術を追うことは良い。けれど、ここにいつも自分が陥る大きな罠があるのです。ムムム。

それは、、、

初めて新しい何かを勉強する時、とっかかりでつまずく!

だいたいにおいて、何かを新しく学ぶ、ということはとにもかくにも非常に難しい。

ネットや本を調べても、滅茶苦茶難しいことが書いてあったりして挫折したり、いろいろサイトを調べても結局理解できずに終わってしまったり…。

自分の周りにも、理系でありながら、この最初のとっかかりで、つまずきあるいは諦めてしまう人もたくさん見てきましたし、自分も様々な罠に陥ってきました。

これらの失敗の実例を少し思い出してみますと

  • プログラミングをやりたくてterminal等を動かすも、CUIでのコマンドによる操作やコンパイルがそもそもうまくいかない。結果、試行錯誤するも諦めてしまう。
  • 何かの理系学科を新しく学ぼうにも、本やサイトを見ると、クソ難しい式が羅列してあって何もわからない。
  • 機械を動かしたり、実験をしたりするのに、どれくらい理論的なことを理解していればいいのかわからない。
  • データを解析したいが、ニッチな解析分野なので、参考になる初学本が少なく、動かせない。
  • 実験する際、そもそも当該分野の知識がないため、一人ではなかなか解決出来ない小ネタがたくさん出てくる。

全てのパターンにおいて、異常な根気さえあればなんとか出来るのだと思いますが、僕はこの手の出来事によく遭遇しており、よく身体を震わせております。

これらの出来事をなんとかできんのかー、超初心者でも達成感とか、努力・友情・勝利を味わえるような半端なくわかりやすい記事あればなー!><。
そう思うこと幾星霜。

そもそも、何故そこに至ったかと言えば、多少過去にスリップしなければなりません。

たぬし氏の略歴

大学の工学部に行くも、興味が物事の原理に向いていたため、基礎物理に傾倒していたたぬし青年。
どちらかというと、理論押しで数式をバリバリとやっていた。

「なかなかおもろいたーぬ。」

入学の矢先!たぬし氏は、不幸にも免疫系のめんどい病に倒れる。

「た、たぬー。確率とは因果なものたぬ。。。まさか、自分の身に降りかかってくるとは。。。」

しかし、数学を崇拝していたたぬしは、病気になったということが、ただ自然における確率の表れ、としか思わなかった。そうは言っても、病は辛いもので、数年留年してなんとか卒業

「たぬー。やっとこの大学ともおさらばたぬね〜」

すでに現役生から、かなりのビハインドを取っていたけれど、面白そうという理由で他大の実験物理を目指すことに。
毎日7時間くらい勉強して都内の大学へ。
「ごみみたいな体調」からやっとこ、「常に辛い程度」に治っていたものの、免疫は複雑な仕組みなので、完治しないまま他大の修士過程へ進学。
修士過程では死ぬほど実験をした結果、体調が一時劇的に悪化した。
けれど、凄い量の実験を行ったと思います。

そして、そのまま興味に任せ、同じ分野の他研究室の博士課程へ進みました。
一般的な見地から考えますと、なかなか人生を攻めていると思われる。

研究の内容は、基礎へ基礎へとどんどん遡っていき、気付いたら実験の中でも基礎物理の先端へ行っておりました。
修士課程の頑張りもあり、文科省が募集している学振特別研究員になれました。

実験的には十分な量の結果があるものの、直前になって投稿論文の査読がめちゃ長引いたり、様々なトラブルが重なり、3年で卒業ならず

その後、学位未取得のまま、会社へ入社することとなりました。
ここら辺は、気が向いたらブログ内で詳しく書くとします。

体調もやべーし、物理の意味もわからねーし、もう人生お手上げやー!と思っていたたぬし氏。

「はぁ、もうわけわからん。。もっとわかりやすい、たぬしでもわかる本とか欲しい。あと、知ってる猛者がいたら聞きたい。否、教えてください。お願いします。。。」

そして。。。。

たぬし氏の今!闇が迫り来る!!!!

これまでは物理に頭を悩ませていた、たぬし氏も、ついに会社でお仕事です。

会社経験は人生で初めての新しい環境。

「はー。なんだかんだ楽しみたぬね〜また実験するたぬ!」

楽観的にも、期待に胸を膨らませていた。

しかし、会社訪問の時に事件は起きた。

猛者臭のする社員「電磁気学はわかるんやろ?」

たぬし「はい!電磁気は好きでしたね!!!」

猛者臭のする社員「ほなら、磁気回路わかるやろ?あれや、磁気のやつや!」

たぬし「えーと、磁気回路ですか。たーぬ。。(は、初めて聞いたぬ。。電磁気やったとか言いつつそんなのあるんか。)わ、わかりません。。」

猛者臭のする社員「フェライト巻いたやつや。ほなら、製図はかけるん?」

たぬし「ちょっと書いたことはある程度です。。」

この会社はこれまで、全くやったことない、アナログ回路バリバリの所です。

回路をほろほろ設計して、動かして、さらにはプログラム書いて機械を制御までして、修理もして。。。

そう、この状況は!

新しい分野を学ぶ時の、あの罠が!今差し迫っておるのです。。

このような切なる、個人的体験に基づいた内なる要請からこのサイトが生まれたのであります。

ということで、

超わかりやすい、解説記事を作りたい!そしてすごい人と交流できればなおよし!

このサイトの目的は、まずは、ニッチ分野かもしれないけれど、初めて学ぶ人が、諦めないで一歩を踏み出せる。学びのとっかかりになれるサイトの構築です。

僕も学びつつやるため、はっきり言って、わからないことが多々あります。。

自分がこれまでやったことない分野で、0から学ぶことも記事にしようとも思ってるので、学ぶ過程が分かるかも?という狙いもあります。

ゆえに、当該分野を超理解している人がもし見てくれたとしたら、優しく間違いやわからないと嘆いているところを教えていただけると嬉しい限りです。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。